形態が変化する 変態

Feby 8, 2020
形態が変化する 変態

形態が変化する 変態

変態(へんたい、英語: metamorphosis)とは、動物の正常な生育過程において形態を変えることを表す。昆虫類や甲殻類の節足動物に、典型的なものが見られる。

過変態. また、幼虫期の間で生活様式の変化に合わせて形状が著しく変態することを過変態 (Hypermetaboly, hypermetamorphosis) という。 ツチハンミョウやネジレバネなどの一部の昆虫が行う。 過変態の昆虫は寄生虫であることが多く、幼虫が宿主へ移動するための形態から寄生生活に特化した形態 …

 · 変態(へんたい)とは。意味や解説、類語。[名](スル)1 形や状態を変えること。また、その形や状態。2 普通の状態と違うこと。異常な、または病的な状態。「お品は身体に―を来したことを」〈長塚・土〉3 《「変態性欲」の略》性的倒錯があって、性行動が普通とは変わっている状態。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 変態の用語解説 - 化学的組成が同じでありながら,原子配列,化学結合の方式,物理的性質などが異なる状態に変る現象。同素体や結晶における原子配列の変化などは変態の例である (→同素変態 ) 。合金などにおいて,変態の際に生じる内部ひずみの ...

 · 進化とは、生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現象である 。 また、その背景にある遺伝的変化を重視し、個体群内の遺伝子頻度の変化として定義されることもある 。 この定義により、成長や変態のような個体の発生上の変化は進化に含まれない 。

日本大百科全書(ニッポニカ) - 変態の用語解説 - 生物学用語で、動物および植物において用いられる。[竹内重夫]動物における変態動物においては、個体発生中、胚(はい)発生を終了(孵化(ふか))してから成体に達するまでのある時期にみられる、形態や体の構造上の著しい変化を変態という。

過変態 [編集]. また、幼虫期の間で生活様式の変化に合わせて形状が著しく変態することを過変態 (Hypermetaboly, hypermetamorphosis) という。 ツチハンミョウやネジレバネなどの一部の昆虫が行う。 過変態の昆虫は寄生虫であることが多く、幼虫が宿主へ移動するための形態から寄生生活に特化した ...

変態ってどういう意味? 完全変態とか不完全変態ってどう違うの? この記事では、こんな疑問に答えます。 昆虫には「変態(へんたい)」という仕組みがあります。 この仕組みによって、昆虫たちは成長に応じてイモムシ、さなぎなど様々な姿に変化します。 昆虫は最も種類の多い動物と ...

変態の前後では生体の形態や機能だけではなく、生息環境、食性、行動様式などが大きく変化します。多くの種では、幼生は水棲であり、成体は陸上棲です。また、オタマジャクシの間は植物性の餌を食べるのに対し、変態後は動物性の食性へと変わります。

形態が変化する 変態